やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

点検により原因を調査しないと雨漏りは直りません

167 views

雨漏り防止の主役はルーフィングシート

屋根は下葺き材であるルーフィングシートと上葺き材である瓦やスレートなどに分けられます。上葺き材は家の美観のために重要ですが、防水性などの機能面では下葺き材であるルーフィングシートが主役です。

機能的には上葺き材は下葺き材を守るためにあると言ってもよいでしょう。

例えば台風時に雨が瓦の下に吹き込んだり、スレート瓦等が傷んだりしていても、ルーフィングシートがしっかりしていれば雨漏りは起こりません。

それでも雨漏りが起こったとすれば、それは屋根からではなく外壁やベランダ、雨樋などから、また配水管の漏水、結露などが原因となっていることが多いのです。

もちろんルーフィングシートが破損したり、耐用年数が過ぎて劣化した場合は屋根からも雨漏りが起こります。

屋根以外からの漏れの要因

外壁にも防水シートが設けてありますのでモルタルやコーキング材が多少劣化して水が浸透しても、屋内への浸透は防がれます。

ただしそれが切れるところ、例えばサッシ枠と壁の間などから外壁を伝って来た雨水が入り込む場合があります。

サッシ枠にはコーキング材が施されていますが、劣化により隙間やひび割れができてしまうのです。

雨樋の詰まりにより溢れた雨水が軒裏を伝って室内に入り込んだり、ベランダの排水口の詰まりにより溜まった水がベランダ出口のサッシ枠下部から室内に入り込む場合もあります。

また現在の戸建ては2階にも洗面台やトイレを設置する場合も多いですが、それらの配管から漏水することもありますし、密閉された屋根の裏側に水蒸気が溜まって結露する場合も見られます。

いずれにしても雨漏りはその原因が千差万別で、複数が重なった場合や水の侵入部と漏れ発生部がかなり離れている場合があり、短絡的に雨漏りはその上の屋根に原因があると考えては間違っている場合も多いのです。

信頼できる熟練の職人さんに点検してもらいましょう

雨漏りの原因が単純な場合は個人で修理もできますが、原因がわかりにくかったり原因が複数の場合はせっかく修理しても直らないこともあるでしょう。

そういう場合は雨漏り専門業者に点検を依頼することです。

雨漏り専門業者はいろいろな事例を多数経験してきた雨漏りのスペシャリストですので、ヒアリングと現場点検で多くの場合は原因を究明してくれます。

またそれでもわからない場合には散水試験やサーモグラフィー等による専門機器を使用して点検も行います。

熟練の職人がいる業者に点検してもらえれば、まず間違いないでしょう。

その点、熟練の職人がいる、やねのむらまつでは、雨漏り診断士が正確にきっちり雨漏り調査をします。

お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら