やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

目が届かない雨樋の内側の話

350 views

雨樋の役割と重要性

雨樋は軒下や壁の土台が水に濡れることを防いでカビや腐食から守り、家の耐久性を保持する役割を持った屋根の設備です。

屋根に降る雨を軒で受けて集め、地面や排水溝に効率的に流します。

雨樋には軒樋(のきとい)と竪樋(たてとい)があります。

またその接合部には集水器という雨水マスを持たせているのが一般的です。

戸建ての場合は、一般的に雨樋は屋根の軒の先端に金具で取り付けられています。

よって軒に負担が掛からないように、軽量で耐水性、耐候性に優れた合成樹脂製のものが多く使われています。

雨樋が詰まると

雨樋は屋根前面に降る雨を全て軒樋で受けますが、雨だけではなく屋根に落ちる枯れ葉やごみ、土埃などもすべて集めます。

細かいものは雨と一緒に流れてしまいますが、大きな落ち葉やごみは軒樋の集水器付近に集まり、泥などが溜まって詰まる場合もあります。

そうすると雨樋から雨水が溢れ、軒や壁を濡らしたり軒下に水が溜まったりします。

また軒裏を伝って室内の雨漏りの原因となったりします。

そのまま放っておくと、軒や軒裏の腐食や破損、室内のシミなどが起こりますし、壁や軒下が濡れていると、壁内や床下の湿気が高くなってカビや腐食が発生したり、場合によっては白アリの原因ともなります。

なお雨樋の詰まりは、だんだんひどくなり、溜まった泥にコケや植物が根付いたりしますし、だんだん重くなって雨樋の変形や破損につながります。

点検とメンテナンス

一般的に雨樋にまで気が回らないですし、メンテナンスなど考えないのが普通です。

でも築数年が経っているようでしたら一度点検してみましょう。

特に落葉樹の庭木や街路樹、公園や森などが近くにある場合は要注意です。

梯子などを軒に掛けて雨樋の中を見ると、どのくらい汚れているかが確認できると思います。ひどく汚れている場合は、専門家に清掃してもらいましょう。

梯子で登れるところは自分で清掃もできますが、2階の雨樋等は梯子の足場を確保することさえ難しく、梯子がずれて墜落などが起こる場合があるため大変危険です。

現在では落ち葉よけネットやパーツなどの便利なものもありますので、地域の信頼できる業者さんを選定し、点検・清掃・メンテナンスをお願いしてみてはいかがでしょうか。

お住まいが西尾市の方であれば、「やねやのむらまつ」にご相談ください。

雨樋の詰まりや修理に限らず、雨漏りや屋根、外壁のメンテナンスなどの相談や点検、見積もりを無料で行います。

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら