やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

外壁と屋根の点検は梅雨前に行いたい!

228 views

梅雨に入ると修理が難しくなる

外壁や屋根の定期点検及び修理は、できれば梅雨入りする前に終わらせておきたいものです。

梅雨入りしてしまうと、雨天が多くなり、塗装などの作業を行いづらくなってしまいます。

どうして梅雨の季節には、外壁や屋根の塗装作業が行いにくくなるのでしょうか。

理由はいくつかあります。

1つ目の理由は、雨は塗料の硬化に影響があるため、雨が降っている時に作業をする事はできません。

もともと塗料は水分の影響を受けやすく、塗料が乾く前に雨が降って塗膜が濡れると、塗膜が剥がれたり浮いてしまい、最終的には再塗装が必要になってしまいます。

2つ目の理由は、湿度があります。

梅雨の時期には湿度が高くなるため、塗料が乾燥するのに長い時間がかかってしまいます。

外壁や屋根の塗装においては、複数の工程で水分をしっかりと乾燥させなければいけない工程があります。

梅雨の時期にはそれらの工程で乾燥に時間がかかるため、施工期間が長くなるのです。

計画通りの施工を行うことが難しくなりますし、期間が長くかかれば雨が降って塗れるリスクが高くなります。

梅雨の時期が理想的でないのは、そうした理由もあります。

塗料は、湿度が85%以下の状態で使用することが望ましいものです。

しかし梅雨の時期にはこの湿度以下になることが少なくなるため、作業にとっては理想的な環境ではなくなります。

梅雨に入る前に点検や修理を済ませたほうが良いと言われるのは、そのためです。

梅雨前の定期点検でトラブルを予防したい

梅雨前に定期点検を行うことは、万が一外壁や屋根にトラブルがある場合には、大きなメリットが期待できます。

梅雨の時期には雨量が多くなるため、小さな亀裂や穴から雨水が侵入し、大きなダメージの原因となってしまうかもしれません。

梅雨前にシッカリと定期点検を行っておけば、そうしたトラブルの原因となりそうな部分を見つけることができますし、雨もりに繋がらないようにしっかりと修理しておくことができるでしょう。

もしも梅雨前に点検を行わずに、梅雨入りしてからトラブルを見つけても、梅雨が明けるまでは塗装などの作業をする事は難しくなってしまいます。

梅雨明けまで待っていると、それまでにたくさんの雨が降るわけですから、トラブルも大きくなってしまうのではないでしょうか。

梅雨前の定期点検には、トラブルを未然に防ぐ効果が期待できるだけでなく、万が一のトラブルをいち早く見つけて修理できるという効果もあります。

愛知県西尾市での屋根・外壁・雨どいの雨漏り修理なら、やねのむらまつにお問い合わせ下さい。

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら