やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

近年脅威を増す台風!その前には家の点検を

271 views

チェックポイント1:屋根の破損個所

台風や大風により、瓦屋根やスレート屋根の破損やズレが発生することがあります。

一度自分で修理したところがまた破損したりすることもよくあることです。

台風中に雨漏りしたりすると気が気ではないですが、ブルーシートで応急処置することさえ台風中は危険ですので、過ぎ去るのを待つしかありません。

そういうことを防ぐためにも、事前の点検・修理が重要で、地域の屋根の専門業者にしっかり点検してもらいましょう。

目に見えない劣化等も見つけてくれるはずです。

気になっているところや自分で直したところはちゃんと伝えてください。

瓦のズレなどは同じところに起きやすいため、ビス補強工法等の施工により未然に防ぐこともできます。

スレート屋根の場合は、ひびや割れをシーリング材で埋めたり、差し替えを行います。

しっかりメンテナンスしてもらえば、一安心。

台風が来ても心配する必要はないのです。

チェックポイント2:雨樋やベランダの排水点検

なお雨漏りは屋根だけではなく、雨樋やベランダの排水が上手くいかない場合も起こり得ます。

雨樋が詰まっていると雨水が溢れて軒を濡らし、軒裏を伝って屋内に侵入する場合もありますし、軒や軒裏の腐食なども心配になります。

また溢れた雨水は軒下に溜まるため、床下などの湿気を増してカビや白アリが発生する原因にもなります。

背の高い庭木や街路樹、森が近くにある場合は要注意で、落ち葉や泥が縦樋付近に溜まっていることがあります。

屋根と一緒に点検と清掃をしっかりしてもらいましょう。

なお、ベランダの排水口も詰まりやすいため、台風前には綺麗にしておくことをおすすめします。

ベランダに水が溜まるとサッシ下等から水が屋内に入り込むことがあります。

チェックポイント3:外壁やサッシの点検

モルタルやサイディング材の表面劣化やひび割れ、コーキング材の劣化で雨水が壁に浸透することがあります。

しかし外壁には防水シートが設けられてるため屋内にまで浸透することはありません。

ただしサッシ枠等の防水シートが切れるところから屋内に浸透することがあります。

1階の天井の壁際にシミが出たり壁紙が剥がれたりしますので、兆候があったら点検時に専門業者に伝えておきましょう。

信頼できる地域の専門業者に点検してもらいましょう

地域の信頼できる業者であれば、対応も早いです。

点検や見積もりは多くが無料ですので、お気軽に相談してみましょう。

地元に根差した業者さんであれば信頼できるし、対応も速いはずです。

西尾市限定の屋根・外壁・雨どいの雨漏り修理専門のやねのむらまつにお任せください!

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら