やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

スレート屋根は最も普及している屋根

86 views

スレート屋根とは

スレート瓦とはセメントに繊維質を混ぜて強度を増した成形板で、厚さは6mmほどです。

これらを軒から重ねながら葺き、棟で押さえてスレート屋根とします。

重さが瓦の半分以下で軽いため耐震性に優れていますし、耐水性や耐候性にも優れた上葺き材です。

多様な色があり、外壁のサイディング材との組合せでデザイン的にも優れた戸建てがたくさん生み出されています。

価格的にもリーズナブルで、施工もしやすい点が一番の魅力です。

直射日光等による表面塗装の経年劣化が起こりますが、再塗装により新築時の美しさと機能を取り戻せます。

スレート屋根の再塗装

スレート自体は強い素材ですが表面塗装が経年劣化し、剥げたり黄色のコケが生えたりして見栄えが悪くなります。

一般的には表面塗装の耐用年数は7年~10年と言われており、新築からそのくらい経ったら再塗装のメンテナンスをする必要があります。

なお再塗装の塗料にもグレードがあり、断熱効果や耐用年数を上げるものもありますので、業者さんと相談してみてください。

スレート屋根のメンテナンス時期は、外壁のメンテナンス時期とだいたい重なります。

モルタルのひびやサイディング材の表面塗装の劣化、継ぎ目等コーキング材の割れなどが起きるため、外壁もメンテナンスが必要なのです。

いずれの施工にも足場が必要ですが、一緒にやることで足場代の節約にもなります。

スレート屋根の耐用年数

なお、スレート瓦自体の耐用年数は10年前後とも言われています。

耐用年数を過ぎるとスレート瓦の経年的な劣化により、各所で割れが発生したり反りや色あせが発生してしまいます。

割れや反りなどで、屋根に隙間ができてしまうと、雨漏りの原因ともなりますので、葺き替えが必要となります。

葺き替えは古い屋根を撤去して新しいものに替えますが、現在ではカバー工法を用いることも多くあります。

カバー工法は古い屋根の上に新しくルーフィングシートと上葺き材を重ねる方法です。

屋根が少し重くなりますが、古い屋根を撤去する作業や廃材を処分する手間が省けるため、経済的でもあるので多用される工法です。

なおカバー工法の場合は上葺き材として元のカラーベスト瓦ではなく、より軽量の金属屋根などを用いる場合もあります。

スレート屋根でお困りなら、やねのむらまつにお問い合わせ下さい。

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら