やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

耐用年数50年以上!ジンカリウム鋼板ってどんな屋根材?

58 views

屋根のリフォームにジンカリウム鋼板が人気?

屋根のリフォームでは、どんな屋根材を使うかによって、メンテナンスの頻度や耐用年数が異なります。

できるだけお手入れをすることなく屋根材を良い状態に保つためには、屋根の素材選びが重要です。

屋根のリフォームで人気の素材の一つに、ジンカリウム鋼板があります。

これは、屋根材としては従来から人気が高いガルバリウム鋼板とよく似た素材ですが、アルミが55%、シリコン1.6%、そして亜鉛が43.4%という配合率でメッキされている素材です。

ガルバリウム合板とジンカリウム鋼板は良く似ているため、はっきりした違いについてはよく分からないという人が少なくありません。

素材という点ではどちらも同じ素材で作られている合板ですが、ジンカリウム鋼板の場合には、石粒を使ってコーティングされたものが多いという特徴があります。

ジンカリウム鋼板の全てが石粒でコーティングされているというわけではありません。

しかし屋根材としての違いという点では、石粒でコーティングされているものをジンカリウム鋼板、されていないものをガルバリウム合板と区別すると分かりやすいかもしれません。

ジンカリウム鋼板の特徴

ジンカリウム鋼板は、耐熱性や耐蝕性、そして熱反射性に優れているという特徴があります。

ただし、断熱性に関してはそれほど高くありません。

そのため、断熱材が含まれている他の屋根材と比べると、断熱性の点ではやや劣ってしまいます。

太陽の光や紫外線の影響を直接受ける屋根材として使う場合には、素材が長持ちするという点では大きなメリットが期待出来るものの、夏の室内温度を低く抑えることに貢献してくれると言った効果はそれほど期待できません。

この屋根材は耐用年数が長く、約50年間と言われています。

メーカーからの保証が30年もついているため、いかにジンカリウム鋼板が長持ちする屋根材かと言うことが分かるのではないでしょうか。

また、ジンカリウム鋼板は表面を石粒によってコーティングされているため、雨が降った時の雨音が気になりにくいという特徴もあります。

ジンカリウム鋼板を使った屋根材には、デメリットがあります。

屋根材は石粒でコーティングされているものがほとんどなのですが、この石粒が屋根からポロポロ落ちてくることがあります。

屋根材として機能する分には、石粒が落ちてきても問題ないのですが、雨どいに石が溜まってしまうといったトラブルが起こるリスクは考慮したほうが良いでしょう。

西尾市のやねのむらまつでは、ジンカリウム鋼板の屋根材も取り扱っています。

屋根・外壁・雨どいの雨漏り修理ならやねのむらまつにお問い合わせ下さい。

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら