やねのむらまつ|やねかべ雨どい修理リフォーム専門店|西尾市

西尾市限定のやねかべ雨どい修理リフォーム専門店

会社案内

ご挨拶


私は西尾で生まれ、先代、先々代と建築板金業を営んでおります、
(有)村松鈑金 代表 村松利孝(三代目)といいます。
創業85年ずっとこの地域で皆様の住宅、工場の板金工事をしてまいりました。
私の代となり、屋根・外装・雨どいの専門店に特化し、生まれ育った西尾を中心に、家長持ちをテーマとし今までやってきました。

当店では、お電話口での見積りや、値段のお答えは、しておりません。
なぜなら、皆様のお住まいは、一軒一軒、全て違うからです。
医者が、患者に症状のみを言われて目をつむって、 腹痛なのか、癌なのか言い当てるようなことですからです。
当店の一番の特徴は、実際にお客様宅に出向き、私村松が、目で見て調査し、一番良い解決策(修理、リフォーム、場合によってはアドバイスのみ)をプロの立場で良く考えご提案することです。
どんな小さい修理にしても、見ないと分かりませんし、私が見るわけですから、当然、近隣の皆様(西尾市内)しか伺えません。私の生まれ育った西尾の方が最優先なわけです。
当店は、小さな会社です。そんなに多くの仕事や、 多岐にわたるリフォームは、していません。

そして、うちは大工でもペンキ屋でも水道屋でもありません。
工事の内容によって含まれることもありますが、それらのリフォーム工事は、 村松の仲間(地元専門工事店)と一緒に工事を仕上げでいくのです。 村松は、呼んでくださった方との対話から、 現建物の状況、今後の住まい方などできる限り把握し、 どこの誰に見てもらっても恥ずかしくないご提案と工事をしてきたつもりです。
今後も、村松を信用していただいた方にだけ、 できる限りのアドバイスと情報、困りごとを気軽に相談できる 身近な工事店として努力していきたいと思っています。

代表取締役 村松利孝

会社概要

登記名称 有限会社村松鈑金(やねのむらまつ)
代表者 代表取締役 村松利孝
所在地 〒445-0062 西尾市丁田町流25番地
TEL:0563-56-3611
FAX:0563-57-3713
※お問い合わせ以外のセールス・勧誘等は固くお断りいたします。
創業 85年(法人化後26年)
建設業登録 愛知県知事許可(般-18)第54168
工事品目 雨漏り原因調査、住宅の屋根(瓦・カラーベスト・トタン・防水)修理、葺き替え、外壁張替え、雨どい修理架け替え、
外壁再塗装、住まいのそとまわりの修理、リフォーム
営業時間 午前7時~午後7時まで
工事休業日 日曜祝日 但し、点検調査受付とご相談は365日対応
資格等 ・2級建築士 2級建築施工管理技士(仕上げ)
・1級建築板金技能士 基幹技能者
・雨漏り診断士協会登録雨漏り診断士
・住宅リフォーム・紛争処理支援センター増改築相談員
・愛知県木造住宅耐震診断員
・職長 安全衛生責任者
・玉掛け高所作業車 小型移動式クレーン運転技能者
・アーク溶接 足場の組み立て等作業主任者

 

  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image
  • Slide image

アクセスマップ

 

むらまつ物語

そもそものはじまり

当店は、西尾市で建築板金業を営み85年余りになります。 

創業者、村松利作によって、カネリ(利作の利から取ったものと思われる)村松鈑金店として、鶴舞町(現鶴城高校正門南)に作業場を構えたところからスタートしました。

初代利作は、板金細工が上手く、一枚の銅板から、湯飲みや、茶筒を打ち出し技術により作ったといいます。

西尾祭りに使われたのか、古い写真にトタンで出来た人型ロボット?があり、
「ブリキ屋って何でも作れるのか!」と、子供心に妙にワクワクしたものです。

初代 利作

初代とは、私が高校を出た直後、一緒に現場作業に行った記憶があります。無口で、いかにも職人という雰囲気をもった人物でした。
息子である信利とともに鶴舞町の作業場から中町(現中善楽器北)に移り、大工さんの依頼から、雨どい釣り(トタンを丸めてはんだ付けでした)を中心に、大正箱(衣類ケース)作成や、トタン波板壁張りなど主に小規模な仕事をしたそうです。「ブリキやさん」と呼ばれるほうが多かったそうです。
私が点検でお邪魔した宅のおばあちゃんに「あんたのおじいちゃんが作った大正箱だ。」と、押し入れから見せてくださったことがありました。

二代目 信利

私の父親、信利の代になり、小規模な手仕事から、建設会社の下請けとして中、大規模の工事を請け負う、野丁場主流工事を中心にするようになりました。
信利自身でも、「総合建築板金業」というフレーズを作り、業界組合でも斬新な活動を行ったそうです。     

そして仕事内容は、トタンの長尺屋根とか、大型レッカーを常時扱う大規模の工事が、仕事の中心になりました。

現場も豊橋や豊田、安城など、郊外、市外中心になりました。住込みの若い衆も常時2人ほどおり、職人の数も5人ぐらい居り、幼い私を良く遊んでくれた記憶があります。時代は高度成長期真っ只中で仕事をどうこなすか毎日大忙しの時代だったそうでした。

私が高校生のとき現在の丁田町に引っ越しました。まわりは田んぼばかりで道は未舗装、夜になると市役所の明かりだけが目立つ、子供心に「中町のほうが良かったな。」と思ったものでした。

やがて、私、利孝と二代目信利で個人店から、有限会社に変更しました。丁田町(現おかし広場)にて、ゼネコンや商社の仕事を中心にしてきましたが、バブルのはじけた頃から、仕事の出来や建物の長持ちより、元請業者の工事予算が優先され、仕事内容に疑問を感じながら、やむなく工事せざる終えない時代になりました。元請建設業者の言いなりの理不尽な仕事が多くなり自分の気持ちと、思いのズレを強く感じ、毎日悶々としていました。
そしてある日、今までの技術を活かす事の出来る屋根工事に特化、それも自分が生まれ育ったこの西尾を中心にした仕事をしたいと思い、二代目の父親と違う仕事を妻と二人で立ち上げました。
これがエクセレントショップ西尾でした。

三代目 利孝(私)

エクセレントショップ西尾(元カラオケニュース前、現住所)への思いは、遠くの、しかも建築主の顔も知らない現場で、ただ工事に追われ片付けに明け暮れる仕事から、自分が生まれ育った西尾市を中心に、お施主さんの顔の見える、ほんとに良い建材を選んで仕上がりを喜んでもらえる仕事をする為にスタートしました。
しかし立ち上げ間もない頃は、皆さんに知ってもらう為のPRの方法がわからず、数年間は村松鈑金のお荷物事業部でした。毎月毎月大変な苦労を妻であり専務で私を支えてくれた妻には
大変な苦労を掛けたと思います。
ようやく少しづつではありましたが、呼んでいただけるお客様が増え、私の調査やご提案するプランを信頼し、安全で、家が長持ちする修理や工事をしていただけるようになりました。
ご縁をいただいた方に「村松で、良かった!」と、いつまでも思っていただける地元の店として
今後もより一層努力していきたいと思います。

そして、現在

「エクセレントショップって、何屋さんかわかりにくい」とのお声で、2009年より、「やねのむらまつ」と、変えました。
また、皆様によりわかりやすく、より気軽に呼んでいただけるようにと、まっ黄色の車で西尾中を今日も走り回っております。     

皆さんが安心してお任せくださるように日々精鋭少数でがんばります。
よろしくお願いします。

 

いっぺん村松に電話してみりん!

代表 村松
代表の村松です!西尾市限定でご対応しております。
私が屋根、外壁、雨どいの困りごと心配ごとを解決、解消します!お見積りは無料です!しつこい営業はしません。

屋根、外壁、雨どいの雨漏りでお困りなら
西尾市限定のやねのむらまつまでお問合わせ下さい!

0120-361196(朝7時から夜7時まで)

メールフォームはこちら